上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1人で西俣に行ってから「ずるい私も山行きたい」って奥が言うので、紅葉を見に県民の森へ行ってきました。

10時頃家を出たので、カっソ横沢でパンを買うつもりだったんですが、食パンを1つだけ残して全部売り切れ。

さすが人気店。
PA120358.jpg  

そんなわけで、お昼はカっソで食べてくことに。
PA120360.jpg 
自分はペペロンチーノ、奥はミートソースを注文。 

おやつに食パンとソーセージも購入。

パンはとってもオススメですが、燻製もパスタもとってもオイシイ。
PA120362.jpg 
カっソ横沢は、いつ来てもいい雰囲気。

ロッジっぽい建物もいい感じだし

こんな山奥でパンを焼いてるご主人と奥さんの優しい人柄にも引かれてつい寄ってしまう。 

シーズン中は、山家とかドライブ客がいっぱいで店に入れない事とか、売り切れなんかもしょっちゅう。
PA120376.jpg
看板犬のめいちゃんと、ピッカピカでかっこいいハーレー。

きっと手洗い場とか、もしかしたら建物自体がご主人の手作りじゃないかな?って思う。
PA120363.jpg
お店の真横で建設中のテラス。

ファンキーなヘアースタイル(金の短髪)でハーレー乗りまわして、こんな山奥で喫茶店開いて、本格的なテラスまで作っちゃう。 

ご主人いったい何者ですか?
PA120370.jpg
「来年の夏頃には、皆さんにも上がってもらえると思いますよ。」ですって。 

楽しみにしときましょう。
PA120375.jpg
奥の注文したミートソース。
PA120379.jpg
美味しかったよペペロンチーノ。
PB010224.jpg
富士見峠を越したら、ここを曲がってもう少し。 
PB010258.jpg
着きました。

初めて来る人は、リバウェルスキー場目指すとそこがもう県民の森。
PA120385.jpg
山道が少し長いけど、それだけ我慢出来たらお子さん連れにもとってもオススメ。

原生林が残った歩きやすい森が広がっていて、アスレチックなんかもあるし、1日遊んでも遊びきれない。
PA120396.jpg
この日は、井川峠周辺を紅葉散策。
PA120393.jpg
苔の花。

って言っても、正確には花じゃない。胞子が詰まってるらしい。
 PA120403.jpg
山に行くとしょっちゅう目にするこの大きい虫。

動きが緩くてフワフワ歩くので愛嬌がある。見ててあきない。

我が家では『森の妖精』って呼んでる。 
  PA120405.jpg
でっかいカラマツ。

少しでも他の木より高く枝を伸ばして日光を受ける。 その戦いに負けた木は大きくなれないのが森の掟。
PA120413.jpg 
井川峠到着。
PA120414.jpg  
ここから梅ヶ島方面に下りてくと、小さな沢が流れてて再源流までイワナがいる。というか、いた。
 
小学生の頃、雪を掻き分けてここから沢に下りてイワナ釣りをした覚えがある。 今でもいるんだろうか?
PB010288.jpg 
落ち葉も綺麗。
PA120425.jpg
この日見た中では最大のブナ。とても腕は回らない。

これぐらい大きくなると、木からオーラというか波動のようなものが出てるのを感じる。
PA120431.jpg 
開けた場所で静岡市と駿河湾が見えた。
PA120433.jpg 
ナイスな富士山のビューポイント。

目の前は切り落ちた絶壁なので、富士山に気を取られて前進すると滑落する。
 PA120442.jpg
たまたま撮れた神秘的な写真。
PA120449.jpg
森に話しかける奥。
PB010238.jpg
2時間程歩いたら小腹がすいたので、ピクニック広場に移動して一服。

カッソで買ったパンを焼いてソーセージをボイル。

周りの景色と空気が、味気ないカップスープを最高の味にしてくれる。
 PB010318.jpg
県民の森から見える井川ダム。

釣りは出来ないってわかってるんですよ。それでもこんな景色見たらワクワクしちゃうのが釣り人の性。

水の中が気になります。

そんな感じで県民の森散策でした。

それでは

スポンサーサイト

NEW林道終点から取水堰堤まで伸びた旧林道。

この道を行けば楽ですが、今回は川を見たいのでここを右折。



久しぶりの西俣。

やっぱりいいね、綺麗だよここの景色は。
 
PA110122.jpg 

今日は小西俣を上って、瀬戸沢合流付近でテント泊する予定なので先を急ぐ。

PA110174.jpg

右岸から蛇抜沢。

前の晩から雨降ってたので、増水してて渡るの少し怖かった。

写真で見ると全然そんな風に見えないけど。

PA110196.jpg

雨が弱まったのでちょっと休憩。

zzz (2) 

休憩してたら雨が上がった。

紅葉が最高。

zzz (7) 

新蛇抜沢を越したら、水量が一気に減った。

ほんとだったら、川の流れが砂と石を運んでくれるはずなんですが、取水堰堤が水止めちゃうので、

この辺は雨が上がるとほとんど水が無くなる。

魚も住めない。

zzz (20)

取水堰堤が見えた。 

zzz (23)

周りの景色に一切なじまない取水堰堤。  

雨で増水してるので堰堤下も川が流れてますが、普段は水が絞られて流れは止まってる。

昔、ダム建設で枯れた大井川下流域では、水の利権をめぐって「水返せ運動」が起こった。

でも、この場所は誰にも知られないまま今でも枯れてる。 リニア工事だって同じ。

こんな山奥で水が減るとか、残土どこに捨てるだなんていわれたってみんなピンとこない。

西俣の堰堤だって20年前に作られた時はそうだった。で、いつの間にか水も景色も無くなってた。

確かなのは、ニア工事の影響はこんなじゃすまないってこと。 

zzz (24) 

よく見たら、水出してんじゃなくて溜まった水があふれてただけ。

zzz (27) 

けっこう怖い垂直階段。

慎重に登る。 

zzz (28) 
zzz (34) 

小西俣バックウォーター(手前)は石入っていい感じ。 水も澄んでる。

中俣はザラザラで白濁り。 

ちなみにここから先は、周年禁漁なので釣りできません。

P1010092_1.jpg 

堰堤越すと視界に飛び込んでくる北俣尾根。

ンー?  なんか上の方白くないかい?

P1010112.jpg

ほーらね。

この寒さと雨じゃ雪降るよ。

帰ったら、この日は富士山も初関雪だった。

風もかなり強いし、稜線歩きは大変そうだなーっと。

P1010122.jpg 

そんな感じで、小西俣を上り始めるとすぐに小さな分流。

木がかぶさってトンネルできてる。 この感じ好き。

P1010123.jpg

トンネル抜けたらいきなりこの景色。

これだよこれ!この流れが見たかったの。

久しぶりに川見て感動したよほんとに。

P1010143_201510240908282f7.jpg

やっぱりダムも取水堰堤も、川の命を奪うってことを再確認。

この川と、さっきまで歩いてた堰堤下が同じ川だなんて思えない。

水量多くて渡渉できないし。

P1010145.jpg

いいよいいよー、この落ち込み。

石裏の巻き返しを覗くと、尺イワナが泳いでるのが見えた。

P1010189.png

こんな流れも大好物。 きっとここだけでも何匹か釣れる。

沈んだ赤い石周りで3匹、岩盤脇で2匹、泡の切れ目で尺1寸

なーんて、そんな妄想が大げさじゃないくらいさっきから魚影が走ってる!

P1010214.jpg

ダムで寸断された大井川にも、まだまだ素晴らしい景色が残ってる。

取水の影響を受けないのこの流れが、この川の本当の姿。

P1010219_20151024090859d9f.jpg

西小石沢。

P1010222.jpg

変化に富んだ流れがずっと続く。

こんな綺麗な川だったら1日中歩いてたい。

P1010224.jpg

それにしても、どーして大井川上流から水が減るなんて計画が通っちゃうわけ?

ありえないでしょそんなの。

残土の問題だって、環境への影響だって、ないがしろにされてるようにしか思えない。

やるだったら、河口まで運んで海にまいてよ大量の残土。

P1010118.jpg 

P1010225.jpg

P1010229.jpg

P1010237.jpg

P1010260.jpg 

P1010268.jpg 

ほんと綺麗な川です。

P1010248.jpg

このペースだと、思ったより早く目的地に着きそう。

今回はテント泊がメインの計画なので、読書用の本とか

肉とか野菜とかキノコとか酒とか、重たいのいっぱい持ってきた。

P1010263.jpg

この景色の中で、明るいうちからチビチビやるんだ。

P1010268.jpg

なーんて余裕かまして歩いてたら、頭と首の後ろがズズーンって痛くなってきた。

堰堤越した辺りから違和感あったけど…。

P1010276.jpg

これはあれだ。 

昨日30分しか寝てないし、朝から雨に打たれて寒かったし、冷えと睡眠不足が高山病引き寄せるって最悪のパターン。

前にも1回やった、重い頭痛と吐き気で動けなくなる。 

P1010280.jpg

あの右からの尾根越すとたぶん上岳沢。 

P1010282_201510240913248e7.jpg

尾根回り込むと分流。

P1010284.jpg

分流?

P1010286.jpg

やっぱりね。

って、あ~頭痛い。

もう無理、鎮痛剤ぜんぜん効かないし少し下ろう。

P1010274.jpg 

テント適地。 小西俣にはこんな場所がポツポツある。

ここでテン泊しちゃおうかと思ったけど休憩しても一向に良くならない。 むしろ悪化してるし。

これは標高下げないとどうしょうもないな…。

ってことで、せっかくここまで来たけど下ることにした。

ここで動けなくなったら最悪だから。

P1010303.jpg

そんな感じで、なんとか堰堤まで生還。

ひどいでしょこれ。 

中俣と小西俣の水を根こそぎ発電に回して川枯れてんの。

P1010310.jpg 

それでもここが西俣起点。

流れてないけど。

P1010313.jpg

二軒小屋に向かって歩いてると空に晴れ間が。

ひどい頭痛で不安を感じたままずっと歩いてきましたが、張りつめてた気持ちがだいぶゆるんだ。 

太陽パワーってやっぱすごい。

P1010345.jpg 

そんな感じで、小西俣でのテン泊はおあずけでしたが、久しぶりに西俣歩けてよかった。

工事前の景色も見れたし。

こんなに素晴らしい自然が残ってる大井川上流。

リニア工事は避けられないかもしれないけれど、この景色はずっと残していかなければいけないよ。

次は、もっと温かい時期に釣竿持って来たいと思いました。 来年も様子見に来よ。

それでは

週末に、秋のキノコ観察会を開催しました。
渓流日和
自分の職場では、毎年春になると、お客様を集めて春の野草観察会を開催するのですが、

今年は都合で開催できなかったので秋のキノコ観察会に変更です。
渓流日和 
渓流日和 
見つけたキノコの特徴を、手当たり次第説明します。

辛いチチタケをかじったり、イロガワリに傷を付けたり、ケムリタケをバフバフしたり。
渓流日和 
テングタケ、 イグチ、ベニタケ、フウセンタケ、シメジ、ホコリタケ…。

普通に生活していれば、なかなか自生しているキノコなんて見る機会もありませんからね。

とても楽しんでいただけました。
渓流日和  
綺麗なタマゴタケも大人気!

え!これ食べられるの!?

期待どおりの反応です。
渓流日和 
サルナシも豊作だったので、こちらも収穫。

触って柔らかいくらいが甘くて美味しいですね。
渓流日和 
お昼には、採れたてキノコたっぷりのキノコ汁。
渓流日和 
もちろん大好評。

一瞬で無くなりました。
渓流日和 
デザートには、収穫したばかりのサルナシ。
 
秋の味覚、景色、風、たっぷり秋の山を満喫しました。
渓流日和 
今回のキノコ観察会、大好評だったので来年もやろーかなー。

春の野草観察会に秋のキノコ観察会。

いちよー仕事ですからねこれも、 楽しんでますがw

それでは

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。