上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そもそも、リヤスペースが広いワゴンなのに、ライトが横に付いてるって…。

中途半端に暗いし…、荷物置けば光塞いじゃうし…。

ストレスでした…。

でもこれからは、そんな中途半端な明るさに悩まされることもありません

先日オークション購入したLEDテープをルーフに装着。
渓流日和
はいッ、このとーり
渓流日和
カットした部分にハンダで配線つなげる作業がありますが、特に難しくもないので問題無。

後は、電源とってルーフに貼り付けただけ。

楽チンです。

もちろん、リアハッチの開閉でON・OFFしますし、別でスイッチもつけたので単独でも点灯可
渓流日和
うーん、明るい(。-_-。)

快適に支度ができれば、釣りにも集中できるってものです。

何度か釣行しましたが、メッチャ明るくて大満足

LEDの光の周波数は、虫が寄りにくいそ〜ですよー。

寄ってきますがww
渓流日和
さてさて、まだ結構なテープが残っていますが、ドア開けた時足元でも照らそうか…。

なーんて、もー少し遊べそ〜ですww


それでは
スポンサーサイト
暗闇の中で支度。

日が落ちてからの帰還。

そんな釣行や山遊びはもちろん、普段の生活の中でも、最近不満に感じていたことが…。
渓流日和
それは、車の後部スペースにあるこのライトの貧弱さ。

LED化したことによって、ハロゲン時より若干明るさダウンしてるし(´;ω;`)
渓流日和
とにかく暗いってのもありますし。

クーラーやウェーダー入れみたいな、少しでも背の高い荷物を置くと、ライトを塞いで真っ暗になってしまう。

暗いうちに出発して、山の上で忘れ物に気づく。

そんな切ない経験も、過去に何度かしてますし…。  
渓流日和
そこで、そんな状況を打破すべく、ヤフオクでLEDテープを購入。

5m300連で、価格は1,500円、それに、送料390円と振込手数料が少々。

合計2千円とちょっと。

カー用品店なんかでは、数十センチで3千円近くしてたので、それに比べれば激安

渓流日和
スペック的には、防水で、5cmごとにカット可能らしい。

何より、曲線が多い車内で設置場所を選ばないってのは大きな魅力です。
渓流日和
早速夜を待ってファイヤー

かなり明るい、これは期待できそうだ 


近々施工しようと思います。

それでは
こんちはーッ。

いやー、 一度考え始めたら全く頭から離れませんねー
ロッドキャリーが…。

何度も頭の中でイメージを繰り返しましてェ…。

勢いでパーツ単品購入しちゃいましたww
単品で車両に固定できるかは不明でしたが、無理だったら転売すればいいかなーって。
まァ 買ったからには意地でも付けますが
956.jpg
そしてやるからにはキチンと付けたい…、ってことで目標→
1 . 車両は加工しない   後々面倒なので…
2 . 車室内のスペースを潰さない。  狭いワゴンですから…
3 . ガッチリ頑丈に設置   破損につながりますからこれは手を抜けん
4 . 取り外しが容易   できれば…ですが
【カーメイト SWホルダー ZR313】Amazon¥2,930
渓流日和
【土台ステー加工】
まずは土台になるステーの加工です。(肉厚の結構硬いやつです)
前回発見したピラー内の穴に合せながら、ぺンチ2本で天井ギリギリに沿うように曲げます。
このパーツ次第でホルダーが取り付け可能か、そして全体の強度も決まるので、間違いなく今回の作業のキモでしょう。

強度アップのため、ドリルで揉んで薄いステーをリベットで留めて途中まで2重になるようにしました。
慎重です…。
渓流日和
【土台ステー取付け】
成形したステーをピラー内に固定するとこんな感じです。
ステーは自体は2重になって硬くなったのですが、固定した根元に多少不安が残ります。
ここは後日改良が必要かもしれません。
渓流日和
【アルミステー加工】ここで両側に橋渡しするステーの登場!!
今回唯一ホームセンターで購入したアルミのL字バーです。(1.5mm厚 10mmx15mm)
1mで400円前後でした。

こいつをニッパーで10cmほどカット。
渓流日和
ドリルで穴あけて先ほどのステーに固定しまーす。

オオッー!! 何だか形になってきました
渓流日和
【メインのホルダー取付け】
いよいよメインのホルダーの登場です。
キャリー付属のボルト2本で仮止めし、両サイドをタイラップで固定。これだけでかなりガッチリしました。
工具要らずで簡単に取り外し可能ですよー

ステーを2重にしたのもよかったです。 予想以上に土台もガッチリしました

サラッと書きましたが、開始からここまで4~5時間はかかってます。
なんせ素人のDIYですからねーww
渓流日和
【完成】せっかくなので、カインズホームで買ってきたヘッドレストに固定するハンガーも設置。
こいつにベストを掛けてェ、竿固定してェ、道具を並べればー。。。。

ジャーン!!かーんせーいでーす!!!
イエーイ
渓流日和
はいっ!!運転席からです。
全然計算してなかったのですが、前列のバーとの水平も奇跡的に取れてました
このバーも、ワンタッチで外せるので必要ないときは外しとけまーす
渓流日和
【仕上げ】
むき出しのステーは見た目的にイマイチだったので、余ってた挟み込みタイプの安心クッションを設置。
見た目向上ですね

いやー予想以上にガッチリ、そしてスリムに設置でき満足のいく仕上がりです

多分多くの車種がピラー内に何かしら穴があると思います。なのでワゴンやKなんかの2列の車には、この方法は有効なんじゃないかなァ…。

まァ、合成を追求する必要はありそーですが。

コイツに竿積んで早く川に行きたいなー!
それでは、またー

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。