上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンチハ

いやー、いよいよGWですねーッ。
先日からディズニーシーも開園し、全国各地で少しずつ自粛も緩和してきました。

我が静岡市でも中止されるとされていた祭りが見直されたり、同じく安倍川の花火大会も実施される事が決定したようです。

被災から1ヶ月、今私たちに出来ること。
それは普段どおり生活することだと思います。
旅行するのもいいでしょう、遊園地に行くのもいいでしょう、もちろん渓流釣りも。
その1つ1つが「地域の活性化につながり」そして「被災地の復興支援の力になる」と私は思います。
早春の大井川
さてさて自称釣りキチの私ですが、釣りに行けない日も毎日のように川の流れをイメージし、頭の中でシュミレーションすることが日課になっています。
映像を見ることはもちろん教本のようなものからエッセイのようなものまで、渓流釣りに関する本なら何でも読みます。

そんな感じでフラフラ~っと寄った本屋でこんな本を目にしましたよーッ。
渓流日和
友釣り無双  小澤剛。

小澤兄弟と言えば、渓流釣りしかしない私でも知っているくらいのアユ釣りのスペシャリスト。
中でも剛氏は主要なタイトルを総なめにした最強のトーナメンターだ。

この本が発売される事は知っていましたが「アユ釣りはしないしな…」ってな感じでスルーするはずだったのに、なぜか「ビビッ!!」と引かれ店先でペラペラーッとページをめくってました。

いやーッ剛氏、一瞬でファンになってしまいました( ^∀^) 

前半の数ページに書かれている、鮎釣りを想う気持に共感。
ふてぶてしくも「自分みたいな奴だなァ」と思ってしまいました

渓流釣りも鮎釣りも、ただ上手い人は沢山いると思います。
その中でも魚を愛する気持ちや釣りそのものを愛する気持ち、その熱い想いが何倍も何倍も強い一部の人間が、トーナメント上位の常連なんだろーなー。

そしてそして、この本を読んでから一気に釣り大会に興味が出てきました。

トーナメントとは「自身の釣りの答え合わせ」、そして「多くの仲間との出会いの場」と剛氏。
少人数で谷に入って、釣りを楽しむばかりの私にとってこれは衝撃でした。

はっきり言ってヤマメの釣りの大会には、今まであまり興味がなかった…、むしろ考えた事すらなかった。
自分のペースで楽しみたいし、釣りで人と競うってのもなー、何よりこんな未熟な腕でって思っているので…。

それでも、もっと上手くなりたいし他の釣り人がどう釣るかも見てみたい。
自分の中で葛藤している部分が少なからずあったんですよねー。

そんなわけで地元で行われている小さな大会から、少しずつでいーので参加して行きたいなーッと思いました。

最終目標はDAIWA主催の…。。。。。

なーんて、へっぽこですが(笑)


それではまた

スポンサーサイト
コンチハッ

イヤーッ、先週末は予定がイロイロ入っていて、久しぶりに釣りに行けない週末を過ごす予定でした。
覚悟はしていたのですが、辛かったー

出来るだけ考えないようにしていたのですが、少しずつムシが騒ぎ出し…。。

アッ!!と気付いたらいつの間にやら富士川で竿を振っていました(笑)。。。

渓流日和渓流日和

大雨の中、濁り増水した富士川。
落差があり、押しが強い流れの脇を攻めました。

時間が無かったので夕方の1時間だけでしたが、その短い時間だけでも釣りバカの私にとっては最高のオアシス
一週間の疲れやストレスが、ジワジワ~ッと溶け出していきました。
もちろん狙いの遡上魚は釣れませんでしたが、それでもよいのです竿が振れれば…。。

渓流日和
渓流日和

来週はいよいよ連休ですねー。

県外の河川にM氏と遠征を計画中、こちらも楽しみですよーッ。。。

それでは
こんちは

目まぐるしく進化する携帯電話。
最近では各社防水携帯も多彩にラインナップし、つり人問わずアウトドアでアクティブに活動する人にとって、是非欲しい機能の1つではないでしょうか?

そんな中、電話帳やメールなどを自動でバックアップしてくれるというサービスがある事を知っていますかー?
今更ー? って思った方も多いと思いますが、身をもって知る事になりましたので
030_convert_20110314230100.jpg

先日仕事中にいきなり携帯が壊れました、半年ほど前に交換したばかりだったんですが…
突然画面が消えそのまま起動不能に。

慌ててショップに持込むと、保障で新品交換してくれるそうで…。
っがしかし、機械的な故障のため中の電話帳が全く取り出せないとの事 

イヤーッ、これは困りましたよーッ
連絡先がタンマリ入っていた携帯、それが取出せないとなると…。。。
考えただけでお先真っ暗になりました

っとそこですかさず 「この機種はお預かりセンターに電話帳を預けてあると思いますよッ。」っと担当の方。。。
「お預かりセンター?」それなーに?と私。

担当の方がおもむろに新しい携帯を操作し…、っと次の瞬間。
移動不可能と思われた電話帳が、ズラズラーッっと並んでいるではありませんかッ!!!!

「えっ!何!?どーユー事???」
話を聞いてみると、機種や設定にもよるらしいのですが、電話帳・画像・Bookmarkから動画やメールまで自動更新でバックアップする機能があったらしいのです。

渓流日和

そーいえば、「お預かりセンターに接続しますっ」みたいな表示がたまに出ていたなーっ。。。

文句の1つでも言ってやろーと思っていたのに、感謝の気持ちでいっぱいにさせられるとは恐るべしNTT…。

携帯を水辺で持ち歩く機会も多い渓流釣り。。。
まだ設定されてない方は是非設定してみてはどうでしょう?

各社同じ様なサービスがあるようなのでのせておきますねーッ。

渓流日和の預かりサービスはこちら
渓流日和の預かりサービスはこちら
渓流日和の預かりサービスはこちら

っと今回は、そんな渓流ファンには嬉しい安心機能の話でした。

それではまた

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。