上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズン試してみて思ったこと。

それはやはり、ルアー用のラインは安くてよかったってこと!!

しょっちゅう釣りに行く私にとって、1回の釣行でいかにランニングコストを削るかが、とーっても大きな課題でした。

それが結婚したことによって、更に尻に火がつきまして

いろいろ試してみたのですが、性能もピンからキリ 、 何度ハズレを掴まされたか

私が使うラインは下は0.2号からなので、ナイロンでは迷わずVARIVAS スーパートラウトエリア マスターリミテッド SVG。
 
っといいますか、このクラスはこれしかありませんからww

性能的にも150m巻き0.2号で、このパフォーマンスは文句の付け所がありません
渓流日和 
フロロも0.3号からは、各メーカーでいろんな価格帯で扱いがあります… がッ!!

焦ってはいけませんよー、安い0.3号ラインはハズレも多いです  身に染みました

簡単にプッツンしたり、目印がツールツルで止まらなかったりと

0.4号より上は、各メーカー低価格なフロロも充実してきまして、選べる種類もかなり増えます

信頼度もグッ!!と増し、扱いやすさが良い物も多いので、いろいろ試してみるのも楽しみの1つですね。。

渓流日和 
っとそんなある日、ある釣り師から、あるラインを勧められました…。。。

その名も SUNLINE BASIC FC 

300m巻きのこのライン、近所の釣具屋で なんと ¥1,176 。
 
「やっ…安っ

規格外の値段に、最初は ほんとに大丈夫かー? って思ってました。

んで使ってみると、やはり傷は入りやすいようで…。 

安いだけあって、表面の処理もほとんどないんでしょう。
 
それでも懲りずに使っていると、徐々に魅力に引きこまれまして…。。。

すっかり BASIC FC のファンになってしまいましたww 
 
っと言うのも、こいつのおかげで間違いなく今まで以上にラインに気を配るようになったということが1つ

無意識のうちに、ラインの性能に頼ってしまっていたんだなァ、気付かされ反省しました。
 
そんな感じで、いろいろな事に気付かせてくれるのも魅力の1つ 未だに気づかされてます。。

強度的にも心配なく、かなり強引なやり取りでも安心して楽しめました (私的にはですが…

安いのでバンバン張りなおせるのも大きな魅力の1つ

っとそんなラインなので好みは別れそーですが、気になる人は是非来シーズン使ってみてください。
 
いろいろ気付くことも多いんじゃないかなァと思います。

釣り人を育てる  そこまでは言いませんが、なかなか楽しませてくれるラインだと思いますよー。


そんな感じで、このラインをエースSに勧めると。

「100均でライン買ってるよーん」 って  上には上がいますねww 

スポンサーサイト

こんちはッ

イヤーッ! 9月に受けた資格試験。
自己採点の結果、 「今年は絶望だ~ッ」 なーんて言ってましたが。

先日結果が発表されまして…。。。
なーんと!!!!

ズラッと並ぶ合格者の番号の中に、私の受験番号があるではありませんかッ!!!!!

思えば8月頃からは朝や夕だけ竿を出したりと、釣りしたい気持ちを 『グッ!!』 と耐える日々が続いていた…。。。。
とりあえず一安心です。 

まァ仕事をがんばれなければ、釣りどころではありませんからね

渓流日和
さてさて禁漁を迎えてからしばらく経ちますが、川の流れから遠ざかり少し寂しくなってきたなァ
なーんて思っている渓流ファンも多いのではないでしょうか?

私はと言いますと、「海釣りに行くかァ」 とか 「餌箱作りたいなァ」 なーんて息巻いてみても、やはり長い時間川から離れるのは寂しいもの

そんな中、ちょいと気になる情報を入手しましたよー
渓流日和
皆さん、OWNERのホームページで 『OWNER MOVIE』なる動画コーナーがあるのをご存知でしょうか?

私は人づてに最近知りましたww

MOVIEの中の渓流コーナーでは、細山氏が北海道に渡り最強のターゲット 『イトウ』 とバトルした時の一部始終の映像を見ることができます。
あとワカサギね

そして今回入手した情報によりますと、なんとその動画の続編?を11月の前半に、BS日テレの『夢釣行』で放送する事が決定したとゆーことです。
渓流日和
これは気になりますよねー?

あのありえない竿の動きに大興奮した釣り人も多いはずッ!!

とりあえず録画しよーっとww

そんな感じで、オフもテンション上げてきますよー。

それではッ

竹、桐、そしてカヤなどの自然木。

それらの材料から創られた、タモや餌箱、ビクやミミズ通しなど…。

人の手によって創られた道具には、それぞれ深い味わいがある。

今まで私が使っていた道具は、オール市販品。
プラスチックの餌箱に、樹脂製のタモ。

餌持ちが悪いなど気になる事もありますが、使い勝手はそれほど悪くはない。

渓流日和
以前から川原ですれ違う釣り人を見て 「手作りの道具はいいなァ」 とか 「いつか作ってみたいなァ」  なーんて憧れは密かに持っていたんです

が…。。。

先日ちょっとしたきっかけから、手作りのタモと餌箱を手にすることに。
実際手作りの道具を手にしてみると、作り手の思いや木のぬくもり、色々なものが伝わってきまして。

今まで以上に 「自分で作った道具を持って川原に立ちたい」 

っと、作りたい欲求がアップ

渓流日和
もちろん道具なんて作ったことないし、木を加工するなんて確か中学校の工作の授業以来…

いろいろ心配はありますが、自称手先はソコソコ器用なはず 

そんな初心者の私から見て、比較的難易度が低そうなのが竹の餌箱。

ってことで作りたい意欲はあるんですが、考え出すと意外と材料がナイんですねッ
 
近所に竹やぶは沢山あるのに、誰が管理しているのかもわからず 

渓流日和
あっ 実家が農家のK君に相談してみよーっと

そんな感じで毎晩のように、柳田造園さんの自作餌箱チョコット奮闘期を見て、1人妄想にふけっとりますww

ああ~!! 餌箱作りたいよー。。。

そんな感じで、今年のオフこそチャレンジするぞーっと心に決めました。

たぶん…ねッww

それではッ

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。