上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんちはーッ。

先週は前日の新年会が深夜までひっぱり、寝過ごしまして…
今週こそ~ っと気合を入れ、恒例の山伏登山に行ってきました。
渓流日和
1月にこの山に登るのは今年で5回目。

1年の目標を再確認し、自分を見つめ直すきっかけにもなる。 そんなわけで、この時期の山伏登山はいつの間にか欠かせないイベントになりました。

養うべき家族が増えたこともありまして、今年は今まで以上に気合を入れ直しました
渓流日和
途中アイゼンを装着するも、雪がしっかりと乗っていたので登りでは全然必要なかったです。

なんだかいいタイミングで来れましたな~!!
渓流日和 
年末からのヘタレた体を絞ろうと、朝から口にしたのは水のみ…。 
 
おかげで全然足は進まず、この分岐に着く頃にはかなりヘロヘロでした。
食料は豊富に持ってたんですけど、意地でも食うか~ってww

完全なシャリバテです。 
渓流日和 
白い雪に青い空。
この素晴らしい景色も山の魅力の1つ
渓流日和 
もちろん富士山の眺めもバツグン!!
渓流日和 
頂上付近は、鹿の食害からヤナギランを保護するため、広い区間をネットで囲っています。
あまり良い景観ではありませんが、山を守るためには誰かが手を入れなければいけないってことでしょう。

そー考えると、無駄に乱立する砂防堰堤なんかも必要だったのか…。

考えさせられます。
渓流日和 
山伏のピークには、南アルプスをバックに2014mの頂上看板。
後ろを振り向くと、富士山をバックに2013mの頂上看板があるんです。

来年、もしくは再来年の年賀状はここで決まりだ!!って考えてるのは、たぶん私だけではないでしょうww
渓流日和 
全然雪がなかった南アルプスも、すっかり真っ白です。
あと1ヶ月もすれば一握りの釣りバカが、この雪の中、釣竿持って井川の上流を目指すんだろーなァ

考えただけでワクワクしちゃいます

えっとォ…。オイラは今年は富士川の河口から…。 

ではッ 



スポンサーサイト
いやー! 寒い!!

この冬はほとんど雪も雨も降らないなー、と思っていたんですが一気にきましたよー
富士山も真っ白です。

都合が付けば日曜に雪の山伏登りに行こーっと。
はたしてノーマルタイヤで登山口までたどり着けるか? 心配ですがww
渓流日和
さてさて、久しぶりに山の空気を吸いたくなり、温泉装備&バカナガ持って大井川方面に行ってきました。
川原でも歩いて癒されよーって作戦です。 昨年の台風の影響も見たかったしね

とりあえず、悲しい大井川の現状。

河口から寸又川合流までは、ずーっと工事でこんなの ↑ ばっかりです…。
川の流れを無理に変えて何をやってるんすかァ?
台風で大きく変わってしまった川の流れを調節してるのか?なーんて思いましたが、凡人が考えてもわかりませぬ…。

河口から何キロも…です ( ̄_ ̄|||) 
渓流日和
今回バカナガを装備して歩いたのは、寸又川支流の栗代川

周りの景色を楽しみながら、ゆっくり1時間程散歩を楽しみました。
渓流日和
小さい流れで、チビアマゴはっけーん!!  なーんて。
短い散歩でしたが、身も心もめちゃくちゃ癒されました

日常のストレスや疲れを吹飛ばす。 そんな力が山にはあるんですよねー。渓流日和 
場所を移動しまして寸又川左岸林道のゲートです。

【 
寸又川左岸林道崩壊!! 】

  斜面が崩壊してるよーに見えますが?
そーなんです、歩いて見てきましたが30m程激しく崩壊してました

もちろんモ〇キーでも通れません 
DSCF2172.jpg
川原を見渡すと、ダム工事用の車道が敷かれていました。
どーやら大間ダムまでは行けるらしいのですが、モン〇ーで林道まで上がれないと意味ないしなァ…。

寸又川の上流は、大井川水系でも珍しい、手付かずの自然が残る渓。

昔親父がしてくれたよーに、自分に子供ができたら寸又の上流に一緒に行きたいなァ。
なーんて憧れていたのですが、どーやら夢になりそーです
渓流日和
帰ってから 光岳小屋HP を観ると、今までの 『危険ですから注意して下さい』 的な表現から → 『林道歩きは出来ません。』 『計画されている方は取り止めてください。』 にバージョンアップしてました(T_T)

掲載されている情報によると、小根沢周辺、大根沢周辺を含め、十数ヶ所が崩壊。歩行が困難とされています。

こーなったら、少しでも道を掃いてくれるよう県に願うことしかできません。

お願いします道掃いてください! 「柴沢小屋まで行かせてくれ~!!」
渓流日和
気を取り直して井川ダム上流で~す。

とりあえず、ダム左岸の林道は銀葉沢まで行けました…が、やはり台風の影響が随所に見られました。
数ある支流も場所によってはかなりの土砂が出たようで、解禁時はもちろん、支流によっては数年間は厳しそーです。

渓流日和
そーいえば、長島ダム井川ダムの区間でいい釣りできそーだなって思いました。

普段から超ド吸のスーパーヤマメが潜む接阻峡
昨年はかなりの数が大水で落とされたり、この超渇水でダムに下ったのでは?

ってことで水が増える時期、渡渉は困難ですが狙ってみる価値はあるかもです。
渓流日和
畑薙ダム上流も、かなりの土砂でやられてます。
チラッと本流を見ただけですが、現時点でいいイメージは一個も湧いてきませんでした。

畑薙ダムから椹島~木賊辺りまでは、解禁当初はかなり厳しい釣りになると思います。(その上流は台風以降見てません)

しか~し、この区間も接阻峡同様、遡上時期になれば最高の釣りができるような気がしています。

良い雨に期待です
渓流日和
そんな感じで、どーやら解禁当初は苦戦する場所が多そうな印象をもちました。

とりあえず富士川にも通いたいしなァ…
解禁まで一ヶ月あるし、 ゆっくり作戦立てよーっと。

それではッ
こんちはっ

そーいえば昨年の12月の話。
カメラのキタムラ in クリスマスセールの魅力にやられ、防水カメラを衝動買いしちゃいました

誘惑してきたのはー。
DCF00053.jpg 
富士フイルムFinePix XP30でーす。

昨年購入したSONYのTX5が、使用後1年を待たずに水没しまして
ずっと価格.com見ながら様子をうかがっていたんですよね~。 

下取りカメラあり (壊れていてもOK) で、たしか¥10,000くらいでした。
 
渓流日和 
SONYの防水カメラは、他メーカーを圧倒するほどの小型軽量で、渓流ベストのポケットにスッポリ。
画質も良かったし、HD動画ってのが大きな魅力だったのですが。 性能以上に水中撮影しすぎたのでしょうか…?

ってことで、どーせ壊れるんだったら、安くてタフそーなのがいいなーって狙ってたんです。 

K0000221477.jpg
本命のパナソニックFT3も、2万円を切ってだいぶ魅力的~
間違いなく今が買いでしょう。 

ただ、SONYの防水カメラが1年持たなかったからなァ…。
普通に使えば問題ないと思うのですが、水中撮影前提だったら、安いカメラがいーってのが今回の教訓 ww

K0000279506.jpg
そして、今回防水カメラの金額を抑えたのには理由がありまして…。
それは、メインで使うためのカメラも狙っているから

標的は、富士フイルムFinePix F600EXR 。
クリスマスセールで¥17,000くらいまで下がってました…がッ 
まだ下がりそーなのでもー少し待ちまーすww

このカメラ持って山登ったら楽しそうだなーって

綺麗な流れ 
壊れたナビも買い換えたいし…、竿も欲しいし…。
あーッ 欲しいものばっかりだー ( ̄▽ ̄;)

コツコツ貯蓄しよーっと。

それでは




WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。