上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんちはー

今シーズンから徐々に開拓を始めた芝川。

富士川の合流点から上流部まで、全てを探るつもりで攻めているのですが、ただでさえ短い流程に日曜日は人が溢れてましてなかなか思うように探れません。

私の釣訓の1つに 『頭撥ねられても撥ねるべからず』 ってのがあります。

頭はねられると気持はゲンナリします  
楽しみにしていた週末の釣り、だれだって気持ちよく釣りたいですからねー。 できる限りですが。
渓流日和 
この日は先週のポイントよりやや下流。

見つけた駐車スペースから川に降りると、数十メートル下に釣り人1人。

釣り上がってくるのを待って挨拶を交わす。

すると、「良かったら一緒に釣り上がりませんか」 と誘ってくれた。 

ナイスマナーの嬉しい一言。 紳士ですね~

こんな釣り人ばかりだったら世界はもっと平和だろーになァ…。  

なーんて、なかなかね…。。
渓流日和 
結局、同行はせずに釣り下る事に。

気温は徐々に上がり好条件。 だったのですが、しばらく下っても無反応…。 

しかしこのポイント、取水ばかりしている芝川では珍しく、あまり取水の影響を受けていません。(多分ですが)

水が多く雨の影響で水は走り気味でした。
渓流日和 
どーみても、取水され減水した他のポイントよりグッドコンディション。

これは時間を空けて釣れば…。
渓流日和
ってな予想は見事的中

気温も更に上がりまして、川の中は春一色に。

太陽の高さに比例し魚の活性もグングン上昇、綺麗なアマゴ達に出会えました

なんて思いたかったのですが、釣れてくる魚はどれも朱点がありません。

どーやらこの川、ヤマメも放流しているようですね。
渓流日和
芝川は、たまにこんなのも顔を出すので気が抜けません。

どーやら春の空気に、魚も一気に動き出したよーですね。

なのでボチボチ富士川河口も叩きたいのですが、まだしばらくは濁りが引きそーにありません
こればかりは時間に任せるしかありませんので…。
渓流日和
さてさて、この日はちょっと欲張って初の潤井川デビューもしました。(富士宮管内)

時間もなかったので神田川合流のみでしたが、数匹のニジにナイスな感触。

豊富な湧水、浅い水深、人の手が加えられた川底。

この川で、波を読んでアマゴが釣り出せるようになったら一流だろーなー。

そんな感じで、練習目的でこの川にも通いたいと思います。  年券買っちゃたしねーww
渓流日和
行きたい川はいっぱいですけど、慌てずに近場の河川から攻略していきたいと思います。

ってゆーか、楽しみながらの修行ですww。

それでは
スポンサーサイト
いやー!ほんとよく降りますねェ雨が!!  昨日までの話ですが。

今日も予報は雨だったのですが、大ハズレで静岡は晴天&強風

せっかく晴れても、こんな風じゃ釣りどころではござーせん

明日行きたいけど、どーなることやら? 
渓流日和
さてさて、よその川に目を向けますと、あの川に行ってみたいとか、あっちの川にも行ってみたいと目移りしちゃいますが。

そんなとき、オイラの後ろ髪を引くのが釣り券(年券)の購入。

今年は仕事が忙しく、それほど足を伸ばせないと判っているし…。

日釣り券ならまだしも、年券が2河川~3河川と増えますと結構でかいんです~。

しかーし、結婚1年目のまだまだホヤホヤ生活中ww

奥に交渉しまして…。

なんと、交渉成立しましたッ その交渉とは、今シーズン釣り券代を食費から出させる事

もちろん条件は2人分の獲物確保。  それと1度の釣行で捕りすぎないこと。

シーズン終了時、合格ラインに届かなければ返金してください、なーんてプレッシャーかけられましたがww
渓流日和
そんな感じで、釣りをすればするほど他の河川にも足を伸ばしやすくなったってことです。

平均的に釣果を出さなければならないし、腕を磨くためにもナイスなシステムだなーって思ってます。

そんな感じで、どの川に行ってもその川に見合った釣果を出す。 その目標を再確認しました。


明日は日曜、雨後で水の状況は読めませんが、皆さんよい釣りを~☆

それではッ
 

新しい釣り場をを開拓するのは楽しい

初めての景色に初めてのポイント。

全力で川と向き合い、流れを読む。

そこから魚を引き出せれば喜びも大きい。  …はずなんですが、釣れるのはニジマスばかり。
決して嬉しくないことはないのですが…。

この川にアマゴは居るのか? なーんて、自分がまだまだ未熟な証拠ですね。

もっともっと精進せねばww 
渓流日和 
そんなわけで今回は芝川の中流に入渓することに。

芝川は富士の裾野ということもあり、どこからでも富士山がて見えナイスな釣り場です。

発電施設も多いのですが…。 
渓流日和  
そのため取水される水もハンパなく、水がある場所とない場所がはっきり分かれてます。

湧き水で通年安定した水量。

それはそこに暮らす生物には好条件ですが、同時に発電する側から見ても大きな魅力なんでしょう。
渓流日和 
さてさてこれだけ気温が上ってくると

、今日こそいい出会いがあるかもと期待しちゃいます。
その期待通り、数日前に比べ明らかに捕食するポイントが流芯寄りへ変わっきましたね。

こーなってくると楽しいんですが、相変わらず釣れたのはニジマスのみでした

アマゴ?っぽいのも釣れたんですが、顔がまん丸のいわゆる放流もの。

やはりシュッとしたイケメンのアマゴを釣りたいですねー。
渓流日和
これだけ暖かくなると、徐々に気になってくるのが大井川上流。

条件はまだまだ悪いと思うのですが、富士川の濁りは引かないし…。

都合が付けば今週末行ってこよーかなー。

それではッ

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。