上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんちはッ

先週、午前中に用事を済ませると、昼頃からゆっくり車を井川方面へ

妻が 『温泉行きたいなーッ』 って言い出したので、しめたッ!!とww

久しぶりの大井川水系です。
渓流日和 
この日入渓したのは、接阻峡と井川ダム上。

接阻峡はルアーで探ったことはあったのですが、延べ竿では避けていました。

ダムが無かった頃は、鮎返しの谷と呼ばれ、流れもガンガンだったらしいのですが、今は見る影もありません。

流れが緩い大プールの連続で、はっきりいって延べ竿で探るには厳しい & 平水時は泳がないと越せない場所が数箇所ありますので。
渓流日和 
それでも、ダム育ちのスーパー級が多く入るので、攻めたいなーとは思っているのですが。

この日は3時間探って、シラメが2匹でした。

ちなみに上の写真は井川ダム上です。  
渓流日和 
今までの私は、釣れると解っている場所に足を伸ばし、サイズも数も沢山釣って満足していました。
それはそれで楽しかったけれど、釣り人としては成長しないよなァ…。  
 
徐々に物足りなくなってきて、やっと釣り場が移動してきたんですよねー。
渓流日和 
最近思っていること。

それは釣ったことのないポイントを開拓することが、とーっても楽しいってこと

壁にぶち当たることもあるし、場所によっては1匹も釣れないこともある。

それでも流れを読んで、悪戦苦闘するのが楽しいんですよねーww

接阻峡も含め、大井川水系の中でも竿を出していない場所はまだまだある。 

これからは、そーゆーポイントを少しずつなくしていこーと思います。

日々成長、したいなーほんと。

それではッ
スポンサーサイト
ご無沙汰でーす

なかなか仕事が忙しく、ブログ更新に至らずで

日曜も、講習やら雑務やらで動けずってことが多いし…。
 
そんなときでも、いや、だからこそ!!
朝や夕のちょっとした時間を見つけて出動してますよーw
渓流日和 
先々週の富士川、まだちょっと濁りがね…って感じでした。
それでも竿出したけどww

その後も何度か雨が降ってるので状況はですが…、上流は徐々に落着いてきてるようなので、こちらもボチボチ探れるとよいなーって思います。
 
渓流日和
惨敗した狩野川も、チョコットだけリベンジしましたよー。
『原点に戻る』の意味も込め、深呼吸して無心で望むと、前回見えなかった景色がそこには広がっていました。
落着いて見れば、頭を抱えるような流れではありませんでした

数投でピクッとアタリ、アワワ~ってな気持ちで合わせると、立派な?ウグイが。

そんなに甘くはないですねww
渓流日和
今期初の潤井下流にも。
こちらはブルが入ったようで、大きく景色が変わっていました。

魚の活性は高く、流す度に応えてくれます。
アマゴには出会えずでしたが
渓流日和 
途中0.6号が瞬殺されたので1号に。

釣れたのは50に迫るブリッブリのニジでした。

ニジが一級ポイントに溜まってるので、もっと下流の2級ポイントにアマゴが着いてるのかなー?

まァ、時間なくて探れんかったけど。
渓流日和 
水温上がってきたし、徐々に本命も動き出すかなー?

まだしばらく忙しい日が続きそーなので、朝夕のちょこっと釣行を楽しんできまーす。
それでは
静岡県東部を流れる狩野川。

首都圏からのアクセスも良いことから、多くの釣り人が、価値ある1匹を手にするためこの川に通う。

富士川は濁りが引かず、手が付けられないしなァ…。

ってな感じで、私もその夢を掴むため足を伸ばしてみましたよー。
 
狙いはもちろん、本流に身を潜める大ヤマメ!!  アーンド遡上魚!!
渓流日和 
希望にむね膨らませて行ってきたのですが…。

結果。

大門橋下流から修善寺駅周辺までを探るも反応なし…。

身も心もコテンパンにやられ、惨敗でした。
渓流日和 
っというのもですねー、途中から負のスパイラルに陥りまして。

必要以上に無駄に頭を使い、仕掛けもポイントも定まらずでして…。

オモリ選択、ラインの号数、流し方からラインまでバラバラで、自分でも何をしたいのか解らなくなり、身も心も疲労困憊

今までここまでコテンパンにやられた釣行は記憶にないです
渓流日和 
思い返すと最近の私の釣りは、本来の自分のスタイルとは大きく離れてきてしまっていることに気付いた。

得意としていた上流域に通っていた時は、水量、天候、風、気温水温を全身で感じ。

ラインは0.15号~0.6号を、オモリは5~3Bくらいまでを、その日の状況で使い分け。
仕掛け、流すライン、餌、立ち位置に至るまでを、選定していたように思う。

しかし今の私は、本流の太い流れに圧倒され、その日の景色や条件に関係なく、必要以上に重いオモリや太いラインを選択し、 そのために、流したいラインも水深も定まっていないのではないか?

薄々は気付いていたのですが、あらためて気付かされた釣行となりました。
渓流日和 
奥様が 「最近釣りの腕落ちたよ」 と、よく私に言っていた。

認めたくなかったし 「そんなことないよー」 とは言っていたのですが、今思えばさすがによく見ていらっしゃるww

壁…、って程でもないかもしれませんが、流れをみて悩むきっかけにもなったし、ためになったなー今回の釣行は。

パーマークが綺麗なアマゴでも釣って、一度原点に戻る必要がありそうです。 
 
まだまだ長い釣り人生、焦らずゆっくりやっていこーっと。。。 。。

それではッ



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。