上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消費税が上がる前に…。

日本中がそんな空気に包まれる中、その空気に便乗して欲しかったロッドを
そんな思いでキーボードを叩くと…。

んん!!!
SGパワースペック ZL H90-95 が特価で¥43,120
SGスペシャル ZJ H90-95が特価で¥61,128

ダントツ安いぞこの販売店!?

これなら自分の少ない貯金でも、何とか手が届くかも…。
そんな弱みに付け込まれ、思わずポチるとこでした

ですが、このHP何か怪しい。
よくよく確認すると、会社情報の記載一切無し。

2014-01-28_102526.png

規約は長々と書いてあってそれらしいけど…。
在庫量 1000 って

一様メールで色々問い合わせたのですが、もちろん返信無し。。

これが噂に聞いた消費者相談一直線コースか。
とりあえず、こんな怪しいトコでは買い物しない方が良いでしょう。


実は、昨年末友人が、某ブランドバックを正規の取扱い店で注文したにも関わらず、
金を騙し取られるという悲惨な目にあった。

消費者相談窓口によると、最近の奴らの手口は、
正規のホームページをそのままコピーしてホームページを作るのだとか。

違いは振込み先のみって言うんですから、素人には見分けがつかない。
被害が耐えないわけです…。 

増税前ですが、騙されないように気をつけて買物しましょう。

それでは

スポンサーサイト
ダムや発電所の建設によって、何度も流れを変えてきた大井川。

過去にも、ダムの影響で完全に水が無くなるという危機を乗り越えてきましたが、ここに来て最悪の事態を迎えている。  
 
昨年の11月に発表された 『リニア中央新幹線整備計画』。
その計画書に、大井川上流の水量が、毎秒2トン減るというありえない予測が示されていたのだ。
img_807498_37676885_0-300x206[1]
これまでも、リニアのコースや計画には不満がありましたが、ここに来ていよいよ怒り爆発
  
JRからすれば、上流部のたった2トンの水かもしれませんが、上流部だからこそ大切な2トン。

無駄な水など一滴もないのです。
rinia.jpg 
これは、もちろん下流域に暮らす住人や企業にとっても一大事。

それに加え、トンネルが水脈に当たれば減水量はもっと大きくなるのでは?
そんな意見も出ているから、考えると恐ろしくなる  

  その昔、水量が多く流れが激しかった大井川は、家康が暮らす駿府城の外堀の役目として利用され、東海道屈指の難所とされていた。

それが、今は乱立する発電所に取水され、中・下流域は川原砂漠と呼ばれるほど無残な姿になってしまった…。 

綺麗なパーマーク   
 
検索してみると、山梨県側では、リニアの工事の影響ですでに枯れた水路や川があるようだった。

もちろん水枯れ問題は、それらの川と大井川だけで済むはずがなく、これからも、ルート上で次々と起こってくる可能性がある。
濁流の支流 
他にも、JRの調査には不満いっぱいで、例えば南アルプスの生態系は  
『上位製:クマタカ/キツネ』  『典型性:ツキノワグマ/ホンドヒメネズミ/エゾハルゼミ/ミヤコザサ-ミズナラ群集』
と、この6種だけで評価できるそうだ。

もちろん、これだけでも言いたいことは山ほどありますが、とりあえず一言…。。。。

河川の生態系はどーした
渓流日和 
さらに最悪なのは、JR東海は、静岡県内分360万立方メートルという大量の残土を、大井川の河原6地点を埋めたて、さらに小支流の源流(標高2000m)に捨てると計画している。

ほんと、ありえないです。 
大雨の度それが川原を埋め、水生昆虫は飛ばされ、渓魚は住みかを追われる。
その砂が行き着く所は、ダムだということが解らないのか?

水枯れ、大量の残土、それを運ぶ大量の大型車、切り開かれる川原、林道整備。
美しい南アルプスの景観は、完璧に破壊される。

周囲に暮らす獣や鳥、植生にも影響するだろう。 

このままでは、山も川も大ダメージをうける。
渓流日和 
 確かに利便性も大事です。
災害時に、復興への命綱になるかもしれません。

ですが、その代償に川を枯らし山を潰すのは…。

今後のJRの対応に期待したい。
渓流日和
………と、ずいぶん過激な更新になってしまいましたが、別にJR・リニアに反対なわけではございません。
ただ、一人の山と川を愛する人間のたわ言ですので。

もー少し、どーにかならんのかと…。

それでは
いやー、めちゃくちゃ寒い日が続いてますねー
もちろん、静岡にも寒波が停滞してますが、他県から来る人は口を揃えて『静岡アッタカイですねー』って言う。

これはこれで充分寒いと思うのですが、確かに、雪は降らないし、岐阜や東京から来た人には温かく感じるのかな~。

そんなわけで、その温かな気候が育む豊かな駿河湾へ、今年初の釣りを楽しみに行ってきました
渓流日和
せっかくサーフで使えるロッドを買ったので、サーフルアーデビューです。

釣り人でにぎわう久能や三保の海岸を避けて少し東へ

小雨と強風で、早々に指の感覚が消失する中、底を這うようにルアーを泳がすと…。
グググッと何かがルアーに飛びついた!!
渓流日和
オオッ!やったった!!!
小さいけどこの魚は嬉しい。 しかも、初釣りで。

毎年 『最初の一匹は縁起物』 なーんて思っているのですが、これは今年いい釣りができる前兆に間違いありません。
きっとねww

そんな感じで、無事に初釣り終了です。


次は、もー少し大きいの釣りたいなーって思いました。
出直しです。

それでは

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。