上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜は、戻り狙いで仲間と船明ダム上へ。

このエリアで竿を振っていると地元の釣り師から、そんな場所でアマゴなんか釣れないでしょ?って言われる。

実際、尺アマゴを見せた漁協のオヤジさんも驚いていた。

釣り人は皆ニジマス狙い。

周辺で放流してるのはニジマスだけだし、ニジマス以外釣れたことがない。

それが地元の釣り師の認識らしい。
渓流日和 
だけどいるんですよねー。

このエリアでもしっかり姿を確認しましたから。 

いるとわかれば、あとはこちらの気力とタイミング。

そんな感じで、この日も出会いを求めて川に立ったのですが。

何時間打っても反応無し。 ?な当たりは数回ありましたがものにできず…。

数が少ないのは間違いありません
渓流日和 
秋葉ダム下の瀬。

偏光かけて道の上から覗くと、何やら岩の周りで動く影 しかもポイントごとに。
渓流日和
影の正体は二ゴイ軍団。 

産卵期なんでしょうね。

沢山の二ゴイが、ライバルを追い払ったりペアを組んだりで、水中は酒池肉林の大賑わい。
 
一級ポイントからも二ゴイ。

これじゃあねぇ
渓流日和 
秋葉ダム下右岸から流れ込む白倉沢。

水質はとてもいいし、産卵にも向いた川だと思うのですが。

なんせ漁協も知らないくらいですから、ここまでアマゴが遡上するかは不明です。

みんな気田川を遡る可能性もあるし。

自分で調べるしかありません。
渓流日和 
午後は、奥さんが浜松に用事があって来てたのでピックアップ。

その後、夕方のグッドタイムを少しだけ。

サツキ狙いでJR上を探りましたが、強風過ぎて釣りどころではありません。

風が弱まった瞬間、一度だけ何かが触りましたが…。
渓流日和 
そのまま、風裏を求めて船明ダム下で再度仲間と合流。

ですが、こちらも強風です。 そもそも、この川に風裏なんて無いですよね?

一時間ほど粘りましたが、何も無いままタイムアップです。
渓流日和 
車に戻ると奥さんが、「本流竿って長いね~、少し振らせて」ですって。

これまでは、7mの竿でギリギリ飛ばせるぐらいの腕前でしたが…。

5分ほど練習すると綺麗に仕掛けが飛ぶように

なんだよ、飲み込み早いじゃん

そんなわけで、新しい目標ができました。

シーズン中、奥さんに本流竿を根元から曲げさせますw


でも…、その前に。  自分が曲げないと

それでは

スポンサーサイト
今月は、GWの遠出や奥さんの誕生日で何かと物入り。

そんなわけで、しばらくサイフの紐を締めていこうと思っていたのですが…。

このタイミングでウェーダー水没。 

ブーツ部ですので完全にご臨終です

数回前の釣行から、左のつま先が怪しいなと思っていたのですが、前回の天竜でいよいよ水が溜まりました。

フエルト張替えたばかりなんですが…。

まァそんなこと言っても、途中でメーカー保証使って3年は使い込んだのでウェーダーも本望でしょう。
渓流日和

慌ててチェックすると、現在使ってるは、まだ結構な高値。

立体裁断の履きやすさを知ってしまったので、買い換えるなら同じ立体裁断がいいですね。

来シーズンモデルチェンジすると思うのですが、もちろんそれまで待てません。




渓流日和

そんで、ヤフオクで見つけたのがこちら

立体裁断、シューズ一体型、保障書有りで条件は文句なし。

はい、型落ちのリミプロ29,700円です。

このウェーダーがこの価格なら文句ないでしょってことでポチ



渓流日和渓流日和











早いですねー、次の日届きました。

ゴールドのラインがだいぶ派手な気がします。

個人的にもう少しシンプルなのが好みですが、問題は履き心地!!

ってことで、週末の天竜が楽しみです。


それでは
やってきました天竜へ

いよいよ遡上も最盛期。

釣果もポツポツと聞こえてますが、

どーやらサツキはまだ下の方で停滞しているようです。

朝一番、東名下から調査開始。
渓流日和 
この日は前日に比べ、ダム放水が毎秒20tの減水。 

とは言っても、この水量ですから…。。

水が減った今ならいけるかな?

そう思ってかささぎ大橋上にも行ってみましたが、

今年は大場所になりすぎて、延べ竿では勝負になりませんでした。
  渓流日和 
車に戻ると風が強くなってきたので移動開始。

先週、仲間が戻りアマゴを数匹釣りあげたポイントへ。

と、その途中で少しだけ単独で行動。 

ちょっと打ちたいなーって流れがありまして。

この浮気心が、運命の分かれ道でした
ポイントに着いて立ちこんでいると、すぐに電話が鳴って「本命出たよー」ですって。
渓流日和 
慌てて合流すると、そこには見事な尺上戻りアマゴ!

「先週出たでしょ。そんなときはチャンスだから徹底的に攻めなきゃ」

「一匹いたら周りに百匹いるからこの魚は」とさとされました。

はいッ!勉強になります。
渓流日和 
そこから、徹底的に攻めて攻めて攻めまくって。

なんとか顔を見せてくれたニジマス。

目的の戻りアマゴではなかったけれど、狙って誘いをかけて食わせた一匹。

苦労しただけに嬉しい出会いでした。
渓流日和
誘い、重おもり、遡上魚の習性、ポイント などなど。

渓流域から降りてきた自分にとって、この釣りは苦労の連続でしたが、

最近なんとなく手応えを感じられるようになってきた。

そんな感じで、またまた面白くなってきちゃいましたww


今回の釣行で、ごまかしながら使っていたウェーダーが完全に水没しました

ウェーダーって高いのよね。 ピンチです。

それでは

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。