上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレートトラバース2の『日本アルプス大縦断』を見た。

静岡の2百名山を、たった数日で駆け抜けてしまったヨーキ君。

爽やかで気持ちがいいヨーキ君の山歩き見てたら、山行きたいって気持ちがどんどん強くなってきた。

そんな感じで、かじくらさんのブログにも背中を押され、茶臼の日帰り登山を決行することにした。
P1010217_20151127004257178.jpg 
この時期は日没も早いので、このコースを日帰りで行くにはスピードが求められる。

って事で、ザックの中は最低限の食料とレインウェアのみ。

荷物を軽量化するために、山頂のラーメン&コーヒーも捨てた。

普段全く運動してない33才が、どれだけの時間で茶臼を落とせるのかってゆー半分挑戦。

ばっちり身体いじめるつもりで行ってきました。
P1010222_2015112700425917c.jpg
6時30分、畑薙大橋出発。

ちなみにヨーキ君は、ここを8時半に出発して、3時間で茶臼小屋に着いてた。超人!

前日は大無限登山口の『民宿ふるさと』に泊まってたから、

宿からここまで15キロ以上移動してきてからの登山開始ってことになる。

よっしゃ! どれだけ近づけるか挑戦してみよう。 って心の中で宣戦布告。
P1010225_20151127004300c97.jpg
橋を渡ると、この鉄塔までグーって数十メートル登る。
P1010226.jpg
そこからは、こんな感じの斜面をダムを巻くようにトラバース。
P1010229_20151127004303373.jpg
ヤレヤレ峠。

ここで朝食の予定でしたが、全然腹へらないのでウソッコ小屋まで行くことにした。

昨夜車の中で完食したマイクポップコーンが効いてる。
P1010231.jpg
畑薙ダムバックウォーターの流れは、クモの巣状に分かれてて浅くなってる。

よし、帰りはあそこを渡って林道まで抜けよう。20分くらいは短縮できるはず。

なーんて、その判断がこの登山最大のミスになろうとは…。
P1010232.jpg
上河内沢に下りた。

この沢、大井川の上流域で珍しく取水堰堤の作られてない沢。

つまり、生きた流れの残った素晴らしい沢。

でも寂しいことに、釣れるのは北から運ばれてきたニッコウイワナ。

途中までアマゴも混じる。
P1010238.jpg
流れも太いし、落差もあってイイ感じ。

落葉した木々も、真っ赤な落ち葉の絨毯もキレイ。 

このとおり、大井川上流はもともと水量の多い川なの。

根こそぎ発電に回しすぎだから。
P1010239.jpg
吊り橋一号。

こんな吊り橋が3つ続く。
P1010245_2015112700433283c.jpg
P1010247.jpg
吊り橋二号。
 P1010248_20151127134206fe9.jpg
写真が下手過ぎて伝わらないけど、吊り橋の真下にけっこうでかい淵、水深もある。

この辺りは良型のイワナがけっこう釣れる。
P1010249.jpg
吊り橋三号。 
P1010253.jpg 
真下はこんな流れ。
P1010257.jpg
吊り橋を3つ超えると、こんな鉄の階段がいくつも連続である。

しかも角度がきつくてけっこー大変。
P1010259.jpg
最初の水場。

家で汲んできた水道水を捨てて、ヒエヒエの湧き水を補給。

冷たくてうまい。
P1010261.jpg
シーズン中は、釣り人も多く利用するウソッコ沢小屋。

外には垂れ流し便所とかまどを完備。 いい雰囲気。

朝飯はここでって思ってたけど、全然腹減らないし疲労も無いからもー少し歩こう。

でもその前に小屋の中だけ見てく。
P1010262.jpg
中はこんな感じ。

マットだけ持ってくれば泊まれる。
P1010269_20151127004355709.jpg
P1010275 (2)
中の段到着。 

なんか全然腹減らないけど、シャリバテしたらやだからここでおにぎり3つ腹に入れた。
P1010275 (4)
けっこう歩いてきたのに、足軽いし疲労も全然ない。

コースタイムも大きく削ってる。

やっぱり荷物が軽いっていい。

普段背負ってる重量だったら、こんなペースじゃ絶対無理。
P1010275 (5)
横窪峠。

なんだかこの峠立ち枯れしてる木が多いなーって思ったら、

景色を確保するために立ち枯れっぽく木を倒してる。
P1010275 (1) 
おかげで峠から横窪小屋がばっちり見える。

ずっと上ってきた先にこの景色はうれしい。ほっとする。
 P1010276_20151127134907037.jpg
上河内方面もこのとおり。
 P1010277.jpg
でも…。  

この枯らし方なんか嫌。 なんか切ない。

ひと思いにチェーンソでスッパリ切り落としてあげて。

シーズンオフだから削ったのか?P1010278_2015112713491146f.jpg  
横窪沢はまだまだ水量豊富。

この小屋拠点で釣りしても楽しめる。
P1010281.jpg P1010282_2015112713502434d.jpg
冬季解放部。

綺麗でイイ。
P1010284_201511271350267b6.jpg 
ちょうど3分の2。
P1010293.jpg 
今回の登山で楽しみにしてたのがこの水場の案内。

たしかに3分はないな。しかも枯れてた。
P1010298.jpg 
樺段すぐそこ。
P1010299.jpg
樺段。

森林限界が近い雰囲気。
  P1010316 (3)
来たよー茶臼小屋。
 P1010316 (4)
冬季閉鎖の前の大特価。

ロング缶が2本で700円。安!!
P1010316 (5) 
稜線まであと15分。

軽荷でがんばったので、そこそこいいペースでこれた。

って思ったけど、それでもここまで4時間50分。

ここから110分短縮なんて絶対無理。 やっぱヨーキ君すげーや。
P1010316 (1)
久しぶりに味わう稜線の開放感、この癒しパワー。

ほんと来てよかったよ。
P1010316 (2) 
長野方面。
P1010326.jpg 
上河内岳方面。

展望無し。 

大抵こんなもんだよ、いつでも山なんて…。
P1010327.jpg 
それでも、こんなちょこっとだけでも富士山が顔見せてくれると嬉しい。
P1010323.jpg 
ささ、山頂までもー少し。
P1010330.jpg
きたよー、きちゃったよー。
P1010356.jpg
イエーイ! やりました茶臼岳! 

いいタイミングで霧が晴れたし、景色もなかなかいいじゃない。

このまま一泊して、明日から縦走なんできたらほんと最高なんだけど。

仕事だし縦走は次の機会で。
P1010341.jpg 
貸し切りの山頂で昼食。

Ⓚが登山用に開発してくれたとしか思えない、500kcal超えのメタボパンを2個。

それだけじゃ満たされず、とオニギリ2個とブラックサンダー。

1200kcalは軽く超えたなww

後は下るだけなのにそんなに食ってどーすんだって思うけど。

身体が欲してるんですよね、それだけ登山て消耗が激しいんでしょう。
 P1010376.jpg
そんな感じで、帰りはトレランっぽく走って下りた。

荷物はレインウェアと少しの水だけだから膝も楽。これはいいわ!!

茶臼小屋を13時に出たつもりだったんだけど大井川の河原に下りたら15時。

たぶん見間違え、そんなに早くなかったと思う。

帰りは朝の予定通り、ヤレヤレ峠行かないで河原に下りた。

モーすぐそこに林道が見えてる
P1010378.jpg
最後の難関。ってゆーかここから地獄だった。河原地獄!!

ショートカットなんてするんじゃなかったってホント後悔した…。。。。

靴脱いで、「ツメテー!!!!」って叫びながらこんな小さな流れを5本くらい越したんですけど 。

足は真っ赤。でも水が冷たいのは覚悟してたんでオッケー。

敵は冷たい川の水じゃなくて河原を埋める石だった。予想外。

アメトークで足裏マットに乗った芸人が次々崩れ落ちてたけど、そんなに痛いのか?って正直思ってた。

あれほんと。イテ!イテテ!!って川の中で崩れそうになる。

たかだか2mの小さな流れが悶絶で渡れない。

全身の力が抜ける痛さって。そんなに不健康なのかオレは?
P1010385.jpg 
ラスボスの1番太い流れ。

ここがどーしても渡れなくて右往左往。

結局ずっと上流まで歩いて、砂利床の緩い流れ探して渡った。

時計を見ると16時。結局川切るのに1時間もかかった。

登山道まで戻ろうかとも思ったけど、目の前に林道見えてるとどーしてもね…。

そんな感じで、不健康な人にこのショートカットはオススメできません。

ウェーディングシューズ必携ですww

それでは


スポンサーサイト

1人で西俣に行ってから「ずるい私も山行きたい」って奥が言うので、紅葉を見に県民の森へ行ってきました。

10時頃家を出たので、カっソ横沢でパンを買うつもりだったんですが、食パンを1つだけ残して全部売り切れ。

さすが人気店。
PA120358.jpg  

そんなわけで、お昼はカっソで食べてくことに。
PA120360.jpg 
自分はペペロンチーノ、奥はミートソースを注文。 

おやつに食パンとソーセージも購入。

パンはとってもオススメですが、燻製もパスタもとってもオイシイ。
PA120362.jpg 
カっソ横沢は、いつ来てもいい雰囲気。

ロッジっぽい建物もいい感じだし

こんな山奥でパンを焼いてるご主人と奥さんの優しい人柄にも引かれてつい寄ってしまう。 

シーズン中は、山家とかドライブ客がいっぱいで店に入れない事とか、売り切れなんかもしょっちゅう。
PA120376.jpg
看板犬のめいちゃんと、ピッカピカでかっこいいハーレー。

きっと手洗い場とか、もしかしたら建物自体がご主人の手作りじゃないかな?って思う。
PA120363.jpg
お店の真横で建設中のテラス。

ファンキーなヘアースタイル(金の短髪)でハーレー乗りまわして、こんな山奥で喫茶店開いて、本格的なテラスまで作っちゃう。 

ご主人いったい何者ですか?
PA120370.jpg
「来年の夏頃には、皆さんにも上がってもらえると思いますよ。」ですって。 

楽しみにしときましょう。
PA120375.jpg
奥の注文したミートソース。
PA120379.jpg
美味しかったよペペロンチーノ。
PB010224.jpg
富士見峠を越したら、ここを曲がってもう少し。 
PB010258.jpg
着きました。

初めて来る人は、リバウェルスキー場目指すとそこがもう県民の森。
PA120385.jpg
山道が少し長いけど、それだけ我慢出来たらお子さん連れにもとってもオススメ。

原生林が残った歩きやすい森が広がっていて、アスレチックなんかもあるし、1日遊んでも遊びきれない。
PA120396.jpg
この日は、井川峠周辺を紅葉散策。
PA120393.jpg
苔の花。

って言っても、正確には花じゃない。胞子が詰まってるらしい。
 PA120403.jpg
山に行くとしょっちゅう目にするこの大きい虫。

動きが緩くてフワフワ歩くので愛嬌がある。見ててあきない。

我が家では『森の妖精』って呼んでる。 
  PA120405.jpg
でっかいカラマツ。

少しでも他の木より高く枝を伸ばして日光を受ける。 その戦いに負けた木は大きくなれないのが森の掟。
PA120413.jpg 
井川峠到着。
PA120414.jpg  
ここから梅ヶ島方面に下りてくと、小さな沢が流れてて再源流までイワナがいる。というか、いた。
 
小学生の頃、雪を掻き分けてここから沢に下りてイワナ釣りをした覚えがある。 今でもいるんだろうか?
PB010288.jpg 
落ち葉も綺麗。
PA120425.jpg
この日見た中では最大のブナ。とても腕は回らない。

これぐらい大きくなると、木からオーラというか波動のようなものが出てるのを感じる。
PA120431.jpg 
開けた場所で静岡市と駿河湾が見えた。
PA120433.jpg 
ナイスな富士山のビューポイント。

目の前は切り落ちた絶壁なので、富士山に気を取られて前進すると滑落する。
 PA120442.jpg
たまたま撮れた神秘的な写真。
PA120449.jpg
森に話しかける奥。
PB010238.jpg
2時間程歩いたら小腹がすいたので、ピクニック広場に移動して一服。

カッソで買ったパンを焼いてソーセージをボイル。

周りの景色と空気が、味気ないカップスープを最高の味にしてくれる。
 PB010318.jpg
県民の森から見える井川ダム。

釣りは出来ないってわかってるんですよ。それでもこんな景色見たらワクワクしちゃうのが釣り人の性。

水の中が気になります。

そんな感じで県民の森散策でした。

それでは

9月のシルバーウィーク。

グレートなトラバースで静岡の山を訪れたよーき君が、椹島ロッジ前で水浴びをした数日後。

アニキと再びの大井川釣行へ行ってきました。

よーき君は、興味ない人にはどーでもいい人。

でも、1分の山好きの間では、今最もアツイ人。

自分にとってはスーパーヒーロー。 大ファンなの。 

1 (1) 

どこかで会えないかなって少し期待してたんですが、

この日よーき君は、すでに上河内岳山頂でした。

ほんと早すぎ。 

椹島から林道走って大無限登ってからの戻って上河内って。

1週間はかかるわ。

1 (2)

時期もいいし、少し前に同じ場所で爆釣したので期待大だったんですが、

やはりタイミングって大切。

あのときの、どこを流しても食ってくようなアグレッシブ溢れる魚達はどこ行った?

…って。 また下手くそなの状況のせいにしてる。 

いるのに川には。。。

5 (4) 

今年は9月の最終日に釣りに行けなかったので、この日で納竿。 最終釣行。

忙しくて夏以降もほとんど釣りに来れてなかったけど、最後に来れてよかったよ。
 12 (1)

今シーズン、沢山の出会いをありがとね。

こんな下手くそな釣り人に付き合ってくれてありがとね。

元気に冬越してちょーだいね。

来年も懲りずに来るからね。

と、感謝の気持ちをこめて、川に一礼して竿をたたみました。
12 (3)

ほんと、釣りもそーだし山もそーだけど、

何十年遊んでもなくならないこのワクワク感てなんなんでしょ?

まだまだ見てみたい景色も、行ってみたい場所も沢山ありすぎて、

一生かけても全然治まりそーにないよ。 

 2_2015111409061053c.jpg  

そんな感じで、身体の動く内は、いくつになっても釣りしてるだろーし山にも行くんだろーな。

来年は新メンバーも増えるし、3人で釣りと山だな。

今さらですけど、今シーズンもお疲れさまでした。


それでは



WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。