上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月後半の大井川上流。

しばらく雨が無いので水は少なめ。

P7180128.jpg
 
冷たい水と澄んだ空気が、最高に気持ちいい。

山は綺麗で空も近い。

1 (2)

なにより、この時期のアマゴはパワフルで力強く竿を絞ってくれる。

P7180083.jpg 

すっかり夏カラーのアマゴ達。

P7180101.jpg

テンポよく釣っていくと、ある流れで目印が ン? って動きをしたように見えた。

ここ何か居る。

粘った方がいいと直感で感じた。 

渇水の瀬に対し、立ち位置、餌、オモリを変え、誘いをかけて何度か流す。

1 (3)

すると相手が焦れて、根がかりのような特有のアタリが出た

瞬時に竿を溜め先手必勝。

アドレナリン全開で心拍数が上がる

これだよこれ。 

こーゆー勝負がしたくてここまで来たんだよ。

P7180122.jpg

必殺のローリングをいなし、短期決戦で勝負をかけて無事ネットイン。

ズシリと重いその魚体を測定すると、39cmのスーパーアマゴだった。

P7180048.jpg

思わず1人河原で叫んでました。 「やっほーい

この場所で、このタイミングで釣り上げたスーパーアマゴ。

ホントに嬉しかった。

狙って口を使わせた納得の1尾でした。

P7180077.jpg

上あごに薄くフッキングで焦ったけど、口を使わせた時点で勝負は半分決まってた。

勝負を急いだ判断も間違ってなかった。

P7180053.jpg
P7180058.jpg
P7180060.jpg
P7180063.jpg 

今年は釣行日数が少ないわりに、納得できる出会いが多い。

師匠に報告したら、時間が少ない分、集中力が増していい釣りができてるな。…と。

確かにそんな気がする。

P7180066.jpg

帰り道、中ノ宿周辺を覗いてみると、土砂に埋まって魅力のない流れ。 

最近は特に土砂が多く、しかも川の回復が遅い気がする。 

まだまだ魚は多いけど、リニア工事で水は更に減るって言うし、

土砂置き場の話も未解決のまま。 

川の景色が大きく変わりそうで心配だ。 

P7180133.jpg

とかいいつつ、中ノ宿吊り橋の真下の瀬が良さそうだったので、

下りて探ってみたらギラギラの尺アマゴが顔を見せてくれた。

こんないい時ですから来週も来たいですが、週末は名古屋へ出張アウト~

aka01[1] 

てっぱん屋』で見つけた1989年8月の中ノ宿の写真。

この頃は赤石ダムも、もちろん上流部の取水堰も無く自然な姿の大井川だった。

8月だってゆーのに全然渡渉できそーにない。太く荒い流れ。

40cm級がバンバン釣れてたってゆーのも納得できる。

P7180087.jpg

さてさて、次回は大井川上流域をガイド釣行。

冷たいソーメンとイワナのテンプラをお見舞いして、

この大自然を腹いっぱい楽しんでもらいましょ。

それでは
スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。