上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面白いの釣れたぞ! で、送られてきた写真。

あ…足が出てますけど。。。。。
DSC01517.jpg
水面を揺らすモノは全てゴチソウ。口に入るものは何でも飲み込む。

蛇とか鳥とか食べるって聞いたことはあるけど。

まさかこのサイズの岩魚が川ネズミを水中に引きずり込むとは…。

しかもそれを口から出したまま釣られるって。

どんだけ貪欲。ゆとり世代には衝撃。 

そーいえば、三平が釧路湿原でイトウ釣るのに野ネズミルアー作ってたっけ。

釣りたい獲物に対して、先入観を捨てて試行錯誤しながら向き合う。 

その時間が最高に楽しいんだよ、久しぶりに思い出したよ。 矢口先生ありがと。

よし、蛇つかまえて赤石沢のあの大渕に入れてみよう。 きっと幻の大イワナが・・・。


それでは
スポンサーサイト
台風が3つ。
予報を確認すると、関東を荒らしてる雨雲が流れて大井川上流を真っ赤に染めてた。
朝から結構な降雨量。
爆釣か? はたまた濁流か。
期待に胸を躍らせ、深夜の南アルプス公園線を北上。
P8210185.jpg
翌朝河原に下りると平水。
あれ? 雨の影響は…?
P8210138.jpg
それでも、本流は少しだけ濁り。
どうやら上流の堰が閉じ、水が下がりきる直前だった。
P8210140.jpg
アタリは多く、型もまずまず。
前回はイワナばかりだったけど、今回イワナのアタリはほとんどなし。
大井川の本流で釣りしてると、年に何度かどこ流してもイワナばっかり釣れる日がある。
アマゴがほとんど口を使わない日。
P8210131.jpg
この川に長年通うH氏曰く
「長く渇水が続いた後、月の明るい夜にアマゴが酒池肉林の宴会をする。その次の日はイワナしか釣れない。」
物は試しと思い、満月の夜に目印をライトで照らしながら大淵に餌を入れたことがあった。
すると尺近いアマゴが連発、次の日はイワナばかり釣れた。
月明りでアマゴの爆食い。 もしかしたら一理あるかもしれない。
P8210154.jpg

P8210172.jpg
今回の相棒タクミ君。
サーフや河口で腕を慣らしたルアーマン。
数々の大型魚との出会いの後、天竜サツキに魅せられ通うこと数年。
今シーズン遂に43㎝のサツキをとらえた。
オメデト

そんな感じでポツポツ釣れる。
P8210179.jpg

P8210181.jpg 
さて、本日の昼飯。
雨のリスクがあったので、簡単にできるアマゴ汁。
脂の乗ったアマゴで摂った出汁は、ほんとに美味い。
釣った魚をその場で頂く。
最高の贅沢。 最高に幸せ。
P8210196.jpg
夕方の1勝負。
ウグイ軍団の猛攻。 
惨敗。
P8210200.jpg
残念ながら大型との出会いは持ち越し。
P8210208.jpg
今週末、泊りで寸又川左岸林道から山超えてのコッパ沢釣行に誘われた。

…けど、仕事で行けんって断った。

いいなー、最近全然そーゆー釣りしてないなー。

H氏、S氏、Yちゃん。今頃あの景色の中で宴会してんだろうなー。

それでは

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。