Welcome to my blog

渓を思う日

ダム撤去

6 0
人々の生活になくてはならないダム。

それが長い間の常識

しかし、その常識を覆す工事がいよいよ国内で始まりました。

洪水、電力、水不足などから人々の生活を支えているダム。

重要な役割を持ち、なくてはならないものも多くある。

しかし個人的な意見ですが、全てのダムがそうかといえば「うーん(-.-;)」と首をかしげてしまう。

sha (2) - コピー
全国で初めて本格的に撤去工事が始まった荒瀬ダム。

溜まった土砂や洪水などの自然災害。

多くの問題も懸念されてるようですが、
無事に成功し国内でもこのような事例が少しずつ増えたらいいなーって思います。


〈↑ ドキュメンタリー映画『ダムネーション』の予告 後半のダム破壊シーンは衝撃でした ↑〉

気になったので調べてみると、米国ではすでに堰堤などを含め500以上のダムが撤去されていました。

この数字にはビツクリ(;゚Д゚)!

もちろん撤去は現在も続いていて、撤去待ちのダムも沢山あるようです。

パタゴニアのHPで『環境保護への行動』というページを見つけました。

まだ全部は読めてませんが、ダム撤去や環境問題に関わる興味深いエッセイや映像が多いです。

釣り人として…、一人の人間として色々考えさせられました。 

御時間ある方は是非読んでみて下さい。

それでは
スポンサーサイト

6 Comments

There are no comments yet.
YUYAさん

RYO★SUKE    

2012-09-21 10:21

YUYAさん、同年代ですねw
川も水や土の循環の一課程…、ほんとうにその通りだと思います。

子供たちにも同じ景色を見せたいですからね。
一緒に釣りもしたいしw

EDIT  REPLY    

YUYA  

2012-09-20 19:22

川も水や土の循環の一課程だと言う事実は大切にしたい。植生の再生と共に考えなきゃと30歳を過ぎて改めて思います。我が子にも釣りを教えたいですからね♪

EDIT  REPLY    
ハックル70さん

RYO★SUKE    

2012-09-20 11:05

その時代、ダムは絶対に必要だったのでしょう。
人々の生活や公共事業、日本の経済・文明の象徴として。 それは理解できます。

しかし、日々形を変える山、埋まっていく川、削られる海岸、住処を追われた動植物。
それらへの影響は、当初の予想を遥かに超えているように思います。

何よりの問題は、「何十年も先だから」と全く考えられていなかった後片付け。
これからも、役目を終えた・寿命を迎えた・公共事業のためだけに作られた…、
そんなダムが次々と出てくることでしょう。

怒りもありますが、それ以上に悲しいです。

EDIT  REPLY    

ハックル70  

2012-09-19 20:00

子供のころ、「佐久間ダム」という映画を見たことが、思い出されます、今から考えると、敗戦から立ち直った日本を誇示したかったかもしれませんね!
佐久間ダムがいけないと言っているわけではないが、ダムを作るについて自然環境に及ぼす影響なんか良く考えて、本当に作っているのかね、公共事業が経済に及ぼす影響が大きいという、ただそれだけだと、根がかり以上に頭にきます。

EDIT  REPLY    
キジトラさん

RYO★SUKE    

2012-09-19 09:55

ダムの撤去は賛否両論なようで、まだまだメディアで取り上げられる機会も少ないですね。

日本でも『ダムの撤去は常識』そんな日がくるといいのですが…。

自分達も歳をとったとき、「昔はこんなところにも尺ヤマメが居たんだよーv-409
ではなく、「ここにもヤマメが帰ってきたv-411」そんな話をしたいものです。

EDIT  REPLY    

キジトラ  

2012-09-18 20:22

アメリカでダムの撤去がされているのは、知っていましたが、国内で撤去が行われているのは知りませんでした。

釣りをしていると、ダムの弊害がホントによくわかりますね。ホームの天竜川水系なんてひどいもんです。

昔の話を聞いたりすると、それってホントの話?と思う事があります。

EDIT  REPLY    

Leave a reply