Welcome to my blog

登山日和

2日目 奥穂高

2 0
山の朝は早い。

4時ころ、まだ暗い中を歩き始める足音で目が覚めた。

見上げるとすでに北穂高、奥穂高へとヘッドランプの点が続いている。
1 (2)
しばらくして稜線に朝日があたると、モルゲンロートでゆっくりとカールが染まり始める。

素晴らしい景色だ。

ゆっくりと朝食を済ませ支度を整える。
1 (1)
カールを横切るパノラマコースを登りたいと思ったのですが、雪渓歩きが長そうだったので涸沢小屋脇のルートを登り始める。
1 (3)
涸沢カールの大展望を望みながらの山歩きはとても気持ちがいい。
1 (4)
見渡すと周りには花畑だらけ。
1 (5)
花畑と穂高
2 (1)
ヨツバシオガマ
2 (4)
タカツメクサ
2 (5)
ダイコンソウ…かな?
2 (7)
涸沢岳の下から真っ直ぐ伸びたザイテングラート。

毎年この場所では、滑落や落石などで遭難者が出ているので気が抜けない。

鎖場や急な岩場がしばらく続く。
3 (1)
小さなコルに立った穂高岳山荘。

いよいよ最後の登り。

取り付きは、いきなり垂直の岩場。
3 (3)
長い2連のハシゴとクサリ場を抜け、急斜面をジグザグ抜けるとその先は開けた。
3 (2)
最高の景色が広がる奥穂高の稜線。
2 (6)
2013-08-22_114854.png
『奥穂高岳』登頂。
4 (1)
3 (5)
険しい岩稜帯と奥にそびえる槍ヶ岳。

この道を北穂高まで抜けてみたい欲求に駆られる。

奥さんに相談してみると、お一人でどーぞ!と軽く一蹴w

そりゃそーだ。
P1040360.jpg
そびえるジャンダルム。

この道も西穂高まで抜けれたら楽しいだろうなぁ…。

一瞬、クライミングの技術を身につけたいなーと心が揺れる。

言わずと知れた上級コース。
4 (2)
穂高山荘まで戻り、昼食を済ませバッジを購入。

今更ですが、最近記念バッジを集め始めましたww

その後は、一気に涸沢まで下山。
4 (3)
この山に居ると、見飽きるぐらい目にするヘリコプター。
P1040391.jpg
楽しみにしていた、ヒュッテ名物のおでんで乾杯!
4 (4)
付近を散策した後は、マイホームでコーヒーなど飲みながらの読書。

ゆっくりと贅沢な時間が流れる。
4 (5)
この夜、普段オートしか使わないカメラの機能を色々試してみた。

シャッタースピード…? 手ぶれ…。

格闘すること30分。

何とか形になったかな?
4 (6)
こんなテントの夜景も、涸沢ならではでしょう。

山の上に、明日目指す北穂高の山荘の明かりが見える。

それでは
スポンサーサイト

2 Comments

There are no comments yet.
ハックルさん

RYO★SUKE    

2013-08-27 10:30

ほんとに最高のタイミングで行けました。

写真もありがとうございます。

山は、被写体が素晴らしいのでどこにカメラを向けてもそれなりに撮れてしまうんです。
なんてのは冗談で…、実はかなりの枚数撮っているんです。
この3日間でも400枚以上、予備バッテリー必携です(笑)
花なんかも、撮ろうと決めたらその場でテンポ良くパシャパシャと5~6枚は撮りますし。
景色も、ペースに支障が出ないようバシャバシャ撮ります
その中から良いのを選抜してるのです。

私のカメラの師匠が、「写真は枚数撮るうちに見えてくるよ~」って言ってましたので実戦です。

もちろん釣りの時はそうは行きませんが、やはりいい魚がとれた時は角度を変えて数枚撮ります。
数打ちゃ当たるという(笑)

EDIT  REPLY    

ハックル70  

2013-08-26 19:31

こんばんは!
天気が良くて、こんなチャンスはめったにないと思います。
そして、写真の素晴らしい事(以前からそう思っていましたが)
良い思い出が出来て良かったですね!!

EDIT  REPLY    

Leave a reply